マラゴジッペ(Maragogype)

マラゴジッペ(Maragogype)

マラゴジッペはティピカの突然変異種です。それはブラジルのバイーア州のマラゴジッペ市で最初に発見されました。

 

マラゴジッペはブルボンやティピカとくらべると樹高が高いです。生産性は低いですが、大粒の豆が特徴です。そのため、一部のマーケットではとても高く評価されています。標高600〜800mが栽培に適しているとされています。

 


inserted by FC2 system