コーヒーの入れ方

コーヒーの入れ方記事一覧

焙煎の知識

焙煎とは焙煎(ロースト)とは、生のコーヒー豆を火力を用いて煎ることです。上手に焙煎されたコーヒー豆は、豆のもつ酸味や苦味、香りなどが最大限に引き出されます。よい焙煎豆かどうかを見極めるポイントうまく焙煎されたコーヒー豆は大きくふくらんで表面にシワがありません。また、ツヤツヤとしていて、色にムラがあり...

≫続きを読む

コーヒー豆の挽き具合について

焙煎が終わったら、次はコーヒー豆を挽いて粉にする作業があります。この作業はグラインドと呼ばれ、コーヒー豆を挽く道具はミルと呼ばれます。コーヒー豆の挽く具合は、挽いた粒の大きさによって分類されます。その挽いた粒の大きさは粒度(りゅうど)といいます。豆を挽くときに注意すべきことは、粒度を均一にすることで...

≫続きを読む

コーヒー豆を挽く道具(ミル)について

コーヒー豆を挽く道具(ミル)は大別すると、電動式と手動式のものがあります。ここではそれらの特徴を細かく見て行きます。電動式のミルは時間が短くて済むことと、面倒くさくなくて良いというメリットがあります。また、一度に多量に挽くなら電動式が便利です。手動式はインテリアとして台所などに飾っておけるというよさ...

≫続きを読む

どんな水がコーヒーに向いているか

コーヒーは水の良し悪しによって香りや味が左右されるでしょう。コーヒーに限らず、料理の基本は水であるとまで言われています。ここでは、いろいろある水の種類について考察し、どんな水がコーヒーに向いているかを見ていきます。ミネラルウォーターA Close View of...テイラー・S・ケネディ・ケネディ...

≫続きを読む

コーヒーに合うクリーム

市販されているクリームには植物性と動物性の二種類があります。植物性のものは植物油を乳化したものであり、動物性のものは乳脂肪を使った新鮮なクリームから作られています。コーヒーとよく合うのは生乳を原料とする動物性の生クリームです。深煎りのコーヒーには動物性の生クリームがよく合います。ポーションタイプの市...

≫続きを読む

コーヒーに合う砂糖

コーヒーを飲むときに砂糖を入れずに飲む人も増えていますが、フレンチローストなどの濃いコーヒーに砂糖を入れると絶妙な味になります。砂糖にはコーヒーの酸味や渋みを緩和する作用があります。また、コーヒーの主産地である中南米では暑さが厳しくて、喉も渇きますが、砂糖にはそれを癒す効果もあるといわれています。中...

≫続きを読む

コーヒーカップの形

コーヒーカップにはいろいろな形や厚みのものがあります。普段のコーヒーでもカップを変えてみると、味の違いを感じることになるでしょう。コーヒーカップを選ぶときには注意したい点がいくつかあります。まず、カップの縁ですが、これは厚過ぎないほうが香りを感じやすくなります。カップの形は縦長のほうがコーヒーが冷め...

≫続きを読む

ペーパードリップ

コーヒーの最も基本的な抽出方法はペーパードリップです。ペーパーフィルターは一回ごとの使い捨てなので衛生的であり、後始末も簡単です。一人分でもおいしく淹れられる、少人数向きの抽出方法です。1人分のデータコーヒー粉の量 10〜13g豆の挽き具合 細挽き〜中あら挽き焙煎度合い ハイロースト〜フルシティロー...

≫続きを読む

ネルドリップ

コーヒー好きに人気の抽出法のひとつに、このネルドリップがあります。ペーパードリップとくらべると、手間もかかり、高い技術が要求されますが、個性的な味が表現できるのはネルドリップの魅力です。ネルドリップでの淹れ方はペーパーフィルターのカリタ式と似ています。1人分のデータコーヒー粉の量 10〜13g豆の挽...

≫続きを読む

コーヒーメーカー

一日に何度もコーヒーを飲む人にとっては、飲みたいときにすぐに淹れられるコーヒーメーカーが便利です。コーヒーメーカーを選ぶときのポイント便利な機能レギュラーコーヒーを淹れながら、それと同時にエスプレッソが作れるようなコーヒーメーカーや、浄水機能付きのコーヒーメーカーなど、いろいろなものが売られています...

≫続きを読む

エスプレッソマシン

エスプレッソはイタリア語で「急行」という意味です。イタリアのバールで100年ほど前に考案された機械が、現在のエスプレッソマシンの基礎になっています。エスプレッソは強いコーヒーと思われがちですが、ネルドリップの4倍の速さで抽出されるので、カフェインの含有量は少ないのが特徴でもあります。2人分のデータコ...

≫続きを読む

コーヒープレス(フレンチプレス)

コーヒープレスはフレンチプレスとも呼ばれます。紅茶を淹れる器具だと思われがちですが、もともとはコーヒー用に開発されたものです。最初のコーヒープレスはフランスで作られました。その後、1929年にイタリアのミラノのデザイナー、アッティリオ・カリマーニによって特許が取得されました。コーヒープレスのメリット...

≫続きを読む

サイフォン

サイフォンは真空ろ過式と呼ばれる抽出法です。1840年にイギリス人のロバート・ナピアーによって考案されたといわれています。昔ながらの喫茶店にはサイフォンでコーヒーを淹れている店もまだまだあるのではないでしょうか。理科の実験を眺めているような楽しさがサイフォンにはあります。2人分のデータコーヒー粉の量...

≫続きを読む

パーコレーター

パーコレーターは19世紀にアメリカで誕生しました。西部劇の焚き火の場面などでもパーコレーターはよくみかけるものです。現在でもアメリカの家庭で広く使用されています。パーコレーターはコーヒーの粉と水をセットし、火にかけておくだけでコーヒーができるという便利な器具なので、アウトドアでの活躍が期待できそうで...

≫続きを読む

マキネッタ

マキネッタとは、直火式エスプレッソメーカーのことです。イタリアでは「モカ」の愛称で親しまれています。上手く淹れられればエスプレッソマシンで淹れたときのようなクリーミーなクレマができ、マシンに負けない味を楽しめるでしょう。2人分のデータコーヒー粉の量 14g前後豆の挽き具合 極細挽き焙煎度合い フルシ...

≫続きを読む

水出しコーヒー(ダッチコーヒー)

水出しコーヒーとは、水から抽出するコーヒーのことです。一般的な湯を使った抽出と比較すると、抽出に時間がかかります。低温で抽出するので、苦味成分が溶けにくく、香味はマイルドになります。そのため、アイスコーヒーに向いています。8人分のデータコーヒー粉の量 70g豆の挽き具合 細挽き焙煎度合い 深煎り水量...

≫続きを読む

トルコ式コーヒー(ターキッシュコーヒー)

1000年もの間続く、トルコ式コーヒーは、コーヒーの原点ともいえるかもしれません。トルコ式コーヒーを飲むときには、イブリックという小鍋を使います。現地ではこのイブリックのことをジャズヴェと呼ぶことが多いようです。細挽きの粉をイブリックの中に入れて、火にかけて煮出し、粉を濾さずに上澄みのコーヒーを飲み...

≫続きを読む

ベトナム式コーヒー

ベトナムのコーヒーの歴史はフランス領インドシナの時代に始まります。一風変わった形状のコーヒードリッパーは、フランスからやってきたものだといわれています。ベトナムではミルク抜きのコーヒーを「カフェ・デン」、ミルク入りのコーヒーを「カフェ・スー・ノン」、ミルクが入ったアイスコーヒーは「カフェ・スー・ダー...

≫続きを読む

アイスコーヒーの入れ方

夏といえば欠かせないのがアイスコーヒー。ここではアイスコーヒーのおいしい淹れ方を解説しています。1人分のデータコーヒー粉の量 18g豆の挽き具合 細挽き〜中挽き焙煎度合い フルシティーロースト水量 約120CC手順氷をいっぱいに入れたグラスを用意します。そのグラスに熱いコーヒーを注ぎます。少しかきま...

≫続きを読む

ドリップポットについて

ペーパードリップで、コーヒーを淹れるときに欠かせないアイテムがドリップポットです。おいしいコーヒーを淹れるには、湯を細くゆっくり注ぐのがコツです。また、お湯は高い位置からではなくて、コーヒーの粉に近いところから落とすほうがいいでしょう。粉にお湯が優しくあたったほうが香味が柔らかくなるからです。ドリッ...

≫続きを読む

色々な種類のドリッパー

ペーパードリップでコーヒーを抽出するとき、欠かせないのはドリッパーですが、そのドリッパーにも種類が色々あります。また、ドリッパーの構造によってろ過される時間が異なるため、どのドリッパーを使用するかで香味が変化します。カリタ式カリタ式は台形をしていて、小さい穴が三つ空いています。お湯の滞留が少なく、早...

≫続きを読む


inserted by FC2 system