南米地域

南米地域記事一覧

エクアドル

エクアドルは南米のコーヒー生産国の中で、アラビカ種とロブスタ種の両方を生産している数少ない国の一つです。(ちなみに、世界のコーヒー生産国をみると、アラビカ種とロブスタ種の両方を生産しているのは15カ国しかありません。)エクアドルに最初にコーヒーが持ち込まれたのは19世紀の初頭のことでした。その後、1...

≫続きを読む

コロンビア

コロンビアはブラジル、ベトナムの次にコーヒー生産量の多い国です。19世紀の初頭にコーヒーの栽培が開始されました。現在、コロンビアでは人口のおよそ2割がコーヒー産業に携わっています。国土のおよそ半分が山岳地帯であり、急斜面の場所に生産地があるため機械化が難しいので、小規模なコーヒー農園が主体になってい...

≫続きを読む

ブラジル

ブラジルは世界第一位のコーヒー生産国です。世界的なコーヒー産業の巨人ともいえる国でしょう。今日、世界のコーヒー需要の3分の1以上をブラジルが満たしています。ブラジルには4千万本以上のコーヒーの木があって、コーヒー農園の面積はヨーロッパ全体の面積の5分の4を占めるほどです。このページではブラジルのコー...

≫続きを読む

ベネズエラ

コーヒーは1730年にマルティニーク島からベネズエラに持ち込まれました。その後、1960年代まではベネズエラはかなりの量のコーヒーを生産していました。かつてはコロンビアのコーヒー生産量と同じほどだったのです。しかし、石油が輸出の大半を占めるようになると、コーヒーはかつて程は重要視されなくなりました。...

≫続きを読む

ペルー

ペルーのコーヒーは他の南米の近隣の国々のコーヒーとくらべるとそれほど有名ではないかもしれません。ただ、これは単純にペルーのコーヒーがあまり宣伝されていないからだとも考えられます。その伝統的な栽培方法や、高品質のアラビカ種コーヒー豆を産するということから、ペルー産のコーヒーの世界的な評価は急速に高まっ...

≫続きを読む

ボリビア

ボリビアでは、1952年にボリビア革命が起こった後、コーヒーの栽培が本格化していきました。農地改革があって大プランテーションは解体され、小規模な農家によるコーヒー生産が主体になっています。ボリビアのコーヒーはかつて低品質だと思われていました。そのイメージを変えるためにボリビアのコーヒー産業に携わる人...

≫続きを読む


inserted by FC2 system